« かんなぎ 第6話 感想など | トップページ | ヒャッコ 第6話 感想など »

球団別ドラフト結果及び感想⑤

球団別ドラフト結果、次は阪神とオリックスです。

まず阪神に関しては、1位の抽選を2回外した事が全てでした。

優先補強ポイントである強打の外野手(松本)と先発左腕(藤原)を外して、代わりに先発右腕(蕭)を指名しましたが、やはり微妙な感じでした。

その後、足の速い外野手(柴田)や右の内野手(上本)などを指名しました。

上本は関本を三塁に移した時に空くニ塁のレギュラー要員、柴田は林や桜井の守備固めとしての獲得でしょう。

蕭は先発で西村は中継ぎでしょうが、どちらも層が厚いので彼らの獲得は微妙です。

岡田監督の退任発表以降ロクな事の無い阪神を象徴するドラフトでした。

次にオリックスですが、久しぶりに高校生を上位で獲りました。

1位甲斐は高校生No1と呼ばれる右の豪腕ピッチャーで、2位伊原は関西の大学を代表する好左腕です。

3位以降では、高校生右腕の西、青山学院大の内野手高島などを獲得しています。

しかし甲斐の上位指名には不安を感じざるを得ません。

オリックスでは平井正文以降まともに育った高卒投手はいませんから、オリックスが甲斐(と3位西)を育てられるかと言う不安がつき纏っています。

2位伊原は要補強の左腕で、先発でもブルペンでも期待できそうです。

4位高島は内野手はたくさん居るのに何で獲ったのか分からない選手です。

来年以降のパイプとして獲ったとしか思えないので不満です。

名より実を獲った良い指名でしたが、育成能力が心許ないので微妙な感じがしてしまうドラフトでした。

|

« かんなぎ 第6話 感想など | トップページ | ヒャッコ 第6話 感想など »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045089/25387591

この記事へのトラックバック一覧です: 球団別ドラフト結果及び感想⑤:

» 【動画】柴田講平 福岡工大城東時代の甲子園で打つ・走る [北海道から阪神タイガースを斬る!!]
■とにかく足の速さが際だっている高校時代ですね ■今回は守備のシーンがないので守備のセンス・肩などは分からないですが、打つ・走る... [続きを読む]

受信: 2008年11月19日 (水) 22時10分

« かんなぎ 第6話 感想など | トップページ | ヒャッコ 第6話 感想など »