« 我が家のお稲荷さま 22話感想等 | トップページ | S・A22話「恋・変」感想など »

Wナショナルズの未来

タンパベイレイズやシカゴカブス、ロサンゼルスエンゼルスなどが、優勝を目指して頑張っている一方で、ナショナルズは来期以降を見据えなければならなくなっています。

シーズン前から圧倒的な戦力不足の為、下位に沈むのは必至だと言われていましたが、全くその通りになってしまいました。

こんな最悪な状況のナショナルズですが、来期以降に向けて僅かながら希望の芽のような物も出てきました。

投打で若手の台頭が目立ってきたという事です。

投手では、JラナンやJハンラハン・Cベールスター、野手ではLミレッジやEデュークス、途中トレードで来たEボニファシオ・Aヘルナンデス達です。

若手の台頭は、他の球団でも当たり前の様にあるので、これ位では近い将来の躍進を想像は出来ません。

ですが、旧来のベテランに頼り過ぎないチームを造ろうとしているのは感じ取れます。

今後はロートルを上手く放出しつつ、マイナーを更に充実させていって3・4年後位の上位進出及び黄金時代形成を目指して欲しいです。

|

« 我が家のお稲荷さま 22話感想等 | トップページ | S・A22話「恋・変」感想など »

MLB」カテゴリの記事

コメント

me key german frog microsoft letter usa

投稿: keyboardgerm | 2008年9月 4日 (木) 14時39分

投稿: comprareviag | 2008年9月15日 (月) 17時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045089/23432810

この記事へのトラックバック一覧です: Wナショナルズの未来:

« 我が家のお稲荷さま 22話感想等 | トップページ | S・A22話「恋・変」感想など »