« ストライクウィッチーズ 第7話感想他 | トップページ | S・A20話「スイッチ・崖っぷち」感想など »

我が家のお稲荷さま 20話感想等

今回も旅行の話でしたが、前回と違って女クーと昇の二人旅でした。

福引で旅行を当てたクーですが、昇以外は前回の旅行の事もあってやんわり辞退したので二人旅になりました。

昇も旅行が楽しみと言うより家事から解放されたいと言う本末転倒な考えでした。

クーはTVの影響で温泉旅行にサスペンステイストを求めているようです。

旅館に着くと、そこはパンフレットの紹介とはまるで違う潰れかけのボロ旅館でした。

従業員や客も何処か怪しげな人達ばかりで(自称作家?不倫カップル?)クーもワクワクしています。

二人が部屋で不味い御飯を食べていると、仲居が来てこの地の恐ろしい伝承(蛇の穴)を語ります。

そんな時、突如停電が起きて悲鳴が聞こえてきます。

二階の窓の外に少女の姿が見えたらしいです。

このサイスペンスに、ノリノリのクーは探偵気分で事件の捜査に乗り出します。

そんな中、地滑りが起きて一同は旅館に閉じ込められてしまいます。(クーは捜査に熱中していて力を使うと言う考えは無いようです)

捜査を続けたクーでしたが進展せず、眠ろうとした時に新たな事件が発生しましたが、疲れたクーは眠ってしまいました。

翌朝クーは料理人を追いかけまわして崖にいました

地滑りなら帰れない筈なのに、料理人が帰る事が出来たのは、地滑りが狂言だという事に気付いたからでした。

幽霊騒動や他の事件も、旅館の者達が旅館を心霊スポットとして盛り立てる為に行った事でした。

事件は解決しますが、サスペンスドラマっぽい雰囲気にならなくて不満そうでした。

後日書店に行った二人は、旅館に居た作家がこの事件を元にした作品を出版した事を知りますが、売れないなと断言します。

クーは今度は水戸か京都に行きたいと思っているようでした

全編二時間ドラマのパロディーの様な感じでしたが、金田一耕助の孫の決めセリフが出たりと色々な所からネタを引っ張ってきたんだなと感じました。

若干ストーリーが弱かった所もあったと思います。

透もコウも一切出さない構成もちょっとどうかなとも思いました。

今回は番外編と言う事でこういう話でしたが、次回はどんな話になるんでしょうかね。

次回予告では何も分からないので気になります。

|

« ストライクウィッチーズ 第7話感想他 | トップページ | S・A20話「スイッチ・崖っぷち」感想など »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1045089/23089005

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のお稲荷さま 20話感想等:

» アニメ感想:我が家のお稲荷さま。 第20話「お稲荷さま。再び旅行する」 [あららニッキ]
我が家のお稲荷さま。 第20話「お稲荷さま。再び旅行する」の感想です。 [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 18時42分

» ラットパトロール [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
第二次世界大戦のアフリカ戦線を舞台に、トロイ軍曹率いる2台のジープがドイツアフリカ軍団のディートリッヒ大尉相手に大活躍する戦争アクション。 [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 18時43分

» 我が家のお稲荷さま。 第20話 [パズライズ日記]
今回は空幻が探偵っぽく実際事件を解決したようなお話でした。 最近になくバカバカしげな展開は、ここにきてこういう話が見られるとは(笑)。 地味に完全解決してしまった空幻はどう考えても偶然だと思うんですけどどうなんでしょう。 いつぞやに引き続いて、またして....... [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 19時40分

» 我が家のお稲荷さま。 第20話「お稲荷さま。再び旅行する」 [赤い彗星3号館(2nd)]
我が家のお稲荷さま 第20話「お稲荷さま。再び旅行する」 くーちゃん、温泉でノリノリ というか、今回の話は何?? いつもとテンションというか、雰囲気違うこと無かったですか? くーちゃんが、面白くて全然OKなんですが。 ... [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 19時47分

» (感想) アニメ 『我が家のお稲荷さま。』 第20話 「お稲荷さま。再び旅行する」 [★一喜一遊★]
また抽選にやってくるクーたち。 一等はまた温泉旅行{/onsen/} 焼肉を狙ったもののまたも旅行が当たってしまいます。 「また温泉…」 今回は昇とクーの2人旅。 殺人事件とか期待するクーは2時間ドラマの見過ぎ{/face_ase2/} 旅館「しらかば」へやってきた2人。 カップルではなく兄と妹と言います。 個性豊かな人々を人間観察するクー…{/namida/} 「わ〜〜〜〜!!!!」 作家の叫び声…そして若者… 登場人物はバッチリとワクワク気分のクー。 なんだかインチキくさい旅館です{/h... [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 20時04分

» 我が家のお稲荷さま。 第20話 「お稲荷さま。再び旅行する」 [日常と紙一重のせかい]
また福引で一等が当たりました。 [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 20時17分

» 我が家のお稲荷さま。 第20話「お稲荷さま。再び旅行する」 [アニメレビューCrossChannel.jp]
第12話以来、また温泉回の「我が家のお稲荷さま。」第20話。 くじ運が良いのか悪いのか、焼肉目当てにクーが回した抽選器からは特賞の温泉旅行。前回懲りた面々は参加せずに、女クーと昇の二人旅。 パンフレットの華やかさが嘘のような、鄙びた山中の温泉旅館が事件の舞台。2時間サスペンスドラマに凝ってるクーの想像力を掻きたてる舞台設定に、いわくありげな宿の客たちに従業員と役者も揃っている。 今回は名探偵(迷探偵?)天狐空幻の独擅場だから、女クー役のゆかなスペシャルみたい。あちらの作品で強気の喋りが聞け... [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 21時11分

» 我が家のお稲荷さま。 20話「お稲荷さま。再び旅行する」 [Spare Time]
珍しく予告があたった―!!(笑) しかもじっちゃんの名にかけて!ってそのまんまだし( *´艸`) どうせならもっと盛大にパロをやって、中村さんボイ... [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 21時26分

» 我が家のお稲荷さま。第20話 「お稲荷さま。再び旅行する」 [SERA@らくblog 3.0]
また商店街の福引で温泉旅行を当てたクー。 いろいろあってクーと昇の二人だけで行く事に…。 あながち予告は嘘でなく、ホントに事件もあってサスペンスもの? TVで2時間サスペンス見すぎなクーはすっかり探偵気分(^^; 事件の予感に期待ですか…。... [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 22時37分

» 我が家のお稲荷さま。 第20話「お稲荷さま。再び旅行する」 [MAGI☆の日記]
我が家のお稲荷さま。の第20話を見ました。第20話 お稲荷さま。再び旅行する「11月に抽選なんてなんか中途半端だね」「鈴ノ瀬商工会のやりそうなことだ」「で、賞品は何だ?」「3等は自転車、2等は焼肉屋の食事券、1等は温泉旅行!?」「また温泉かよ」「俺が引く!!2等焼肉...... [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 22時42分

» ■我が家のお稲荷さま。 第20話「お稲荷さま。再び旅行する」 [ゆかねカムパニー2]
 いくらお人形でも、夜の窓の外にあんなのが居たら、とてもとても怖いんですけど!。  オヤエのお話だって、夜中に見てると、十分怖いもん。  私は臆病者なんですよう [続きを読む]

受信: 2008年8月19日 (火) 23時04分

» 我が家のお稲荷さま。  第20話  「お稲荷さま。再び旅行する」 [KTN:神奈川辺境交通]
商店街の福引で、またしても温泉旅行へ行くことになったクー。 前に行った時は座敷童子で騒動に―――。 [続きを読む]

受信: 2008年8月20日 (水) 00時09分

» 我が家のお稲荷さま。 第20話 感想 [荒野の出来事]
 我が家のお稲荷さま。  第20話 『お稲荷さま。再び旅行する』  −キャスト−  天狐空幻:女役ゆかな 男役中村悠一  高上透:嶋... [続きを読む]

受信: 2008年8月20日 (水) 00時33分

» 我が家のお稲荷さま。 第20話 [ニコパクブログ7号館]
第20話『お稲荷さま。再び旅行する』我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第壱巻我が家のお稲荷さま。 限定版 【天狐盛りパック】 第弐巻今回は、30分サスペンス劇場でした(笑)... [続きを読む]

受信: 2008年8月20日 (水) 03時03分

» 我が家のお稲荷さま。 第20話『お稲荷さま。再び旅行する』 [風庫~カゼクラ~]
最近ヒソカに嘘予告が楽しみになってきた我が家のお稲荷さま。 今回もしてやられたり・・・というかナンナンダ、この三文芝居は(爆) 他アニメと異なり、一向にクライマックス感がないユルサがタマラン。 ... [続きを読む]

受信: 2008年8月20日 (水) 21時09分

« ストライクウィッチーズ 第7話感想他 | トップページ | S・A20話「スイッチ・崖っぷち」感想など »